FC2ブログ
絵日記 - 2013/11/16 19:26 更新

PANDORUM

rinko.jpg 20131114.jpg アクス

▼最近見た映画『パンドラム』(原題:PANDORUM)
2009年、アメリカ・ドイツ合作。
西暦2174年、新惑星へ移住する計画のため6万人の人間を乗せて地球から旅立った宇宙船エリジウム。
その道中、コールドスリープから目覚めた乗組員のバウアーとペイトンは、船内の異常な状況に気づき…というSFホラー映画です。

お話は、SFとしては王道を押さえた部類だと思います。
が、どうも起承転結の“転”の部分が見えず、終始平坦な感じ。
原子炉の再起動後、ブリッジに戻ってからは正直よくわかりませんでした。
もしかして…その、ブリッジに戻ってからが転…?

一応SFらしく、新惑星に適応するための薬の副作用で人間が変異したという怪物(怪人?)が出てきます。
しかし出番は少なめで、いざ出てきてもあまりモンスターらしい魅力というか、派手さを感じませんでした。
“子供”はちょっとだけ怖かったかも。
バウアーが怪物との戦闘時に使用していた暴動鎮圧銃の演出はなかなかカッコよく、必殺技感もあって気に入っています。
これも出番が少なかったのが悔やまれますね。

真っ暗で複雑に入り組んだ船内を探索する様子は、以前見た洞窟映画『ディセント』を髣髴させます。
途中で食べ残しの海にドバッと入るトコなんかまさに。
船内を冒険するにはするのですが、登場人物が設定をほとんど口で説明してくれちゃうので
画的な楽しみやワクワク感は少なめ。

乗組員?の名無しのお姉さんと、バウアー伍長の奥さんはセクシーでよかったです。