FC2ブログ
2017/10/28 15:25 更新

ワニマガジンで失敗したときのこと。

単純作業のとき、意識がいろんなところへ飛ぶといつも思い出す大昔の失態のひとつ。
僕が担当編集さんの足を引っ張り続けて、期待を裏切って、あげく勝手に自信喪失して逃げ出してという嫌な思い出。
自分が勝手に作った一生消えない傷です。

これ以前に商業のお仕事をいただいたとき、何をどうしたらいいのかわからなくて原稿を落としたことがありまして。
それがあって元々自信がなかったところ、余計に自信がなくなっただけ。
何のメリットももたらさない自分の絵と、何も成し遂げられない自分がもっと嫌いになっただけの経験でした。
今でも、思い出すと頭がギュッきつく締め付けられる感じがします。
それまでうっすら感じてた漫画を描くことに対する苦手意識と、「エロ漫画なんてやっぱり変態じゃない自分には向いてない」みたいな考えが完全に根を張りました。

あの時の担当さんが悪いとか、なんかそうやってワニバッシングしたいわけじゃないです。
僕が至らなかっただけです。怖がって何も描かなくなる結果を自分で招いたのですから自業自得。

出来損ないの自分だけど、一度だけでいいからいつか必ずリベンジしてやりたいという気持ちはあるよ、という話です。
自信がないのでほんの少しだけですが。

先方がもし僕のことを覚えていたら鼻で笑われるだけだとしても、いつか見返してやりたいです。
「あんな僕だったけどちゃんとできたよ」というのを証明してみせたいです。
そう思っているんですが、まあ、思うだけではダメなわけで。

20160930.png 20161010.png 20170501.png 20170502.png

20170321.png 20170509a.png 20170510.png 20170509b.png 20170512b.png 20170512c.png
20170514b.png 20170514c.png 20170527a.png 20170527b.png

20170619a.png 20170619b.png