FC2ブログ
絵日記 - 2013/05/18 18:34 更新

LOVE

▼『時間をかけずに気楽に描く』第5弾&第6弾。
mahou.jpg azusa.jpg
両方とも原画から完成まで3時間ほど。
まだバストアップのみですが、だんだん慣れてきた感じがしますね。

しかしこの“慣れてきた”というのがまた曲者で、こういう時期はどうしても手を抜くと言うか
全体の作業がダラけ気味になってしまいます。
5月病だとか、2年生にありがちがなことですね。

まあ、元々『気負わず、構えず、ミスったと思ってもいいから、軽い気持ちで最後まで描ききろう』を
根本に据えて始めた修練ですから、だらけるってのは言い方を変えれば“ちゃんと気が抜けてる”ワケで、
ちゃんと修練の根本を守れていると言えばそうなのです。
しかし気を抜きすぎるのは逆効果。
惰性や流れ作業で描くのではなく、しゃきっとして描きましょう。(ハイ)

scan20130514.jpg scan20130517b.jpg

▼『薄い本を描くためにアニメや漫画を見る・読むのは、自分の中では“無いトコ”』
と、年がら年中日ごろ常々思ってますが、ちょっと葛藤してます…。

原因は、夏コミ用に考えているジャイロ本。
ジャイロゼッター本編は、別に薄い本描くために見てるワケじゃないんですが…
なんか描きたくなってしまったのです。

好きすぎておかしなことになっているというか、
「もっと、こんな所が見たいなあ。」とか「こんな場面があってもいいじゃないか!」とか思ったというか。
でも、だからこそ恥ずかしがらずに描けそうなのです。
ドラクエ本の時もこんな感じでしたし。

自分を正当化するための言い訳かもしれませんが、
薄い本はきっと、原作に対する愛情表現の一つのカタチなのです。
愛を持って描けばこそ、恥ずかしがらずに描けるのです。


自分が今期見てる中で、もし薄い本を描くなら何か、ちょっと考えてみました。

マジェプリは、おやっさんやリンリンをネタにしてひとつ…と言いたい所ですが、
今回みたいに暴走するほどの愛がまだありません。
描くならもうちょっと見て、もっと好きになってから、です。

はたらく魔王さま!なら、サタンとちーちゃんで一本描けそうな予感がします。
が、どちらかと言うとエロ方面よりもお話方面の方が強く出て、内容が淡白になってしまいそうな気配。

ガルガンティアは元々性的なので選考対象外です。(笑)

scan20130517a.jpg scan20130517d.jpg